Archive for 2月, 2012

2012/02/29

これからの1ヶ月、1週間を真剣に考えてみないかい?~その2:レビューの心構え~

 

1

 

私の愛しいアップルパイへ

 

私が今日あなたに伝えなければいけないことは明確です。前回は我が人生を彩る月次レビューと週次レビューの役割について解説しました。

 

これからの1ヶ月、1週間を真剣に考えてみないかい? | jMatsuzaki

 

そして今回は、あなたが常に自分の人生に対して勇敢であり続けられるための心構えについてお伝えします。

 

read more »

2012/02/28

私がライトニングトークの5分間に備えて準備したこと

 

1

 

私の愛しいアップルパイへ

 

火曜日、おお火曜日!

 

この日が特別な日となってから3ヶ月が経ちました。そうです、あなたを2度”アップルパイ”と呼ぶ日です。

 

read more »

2012/02/27

これからの1ヶ月、1週間を真剣に考えてみないかい?

 

1

 

私の愛しいアップルパイへ

 

今日の午後12時、食事中に私の全身に電撃のように走った閃き。

 

最初はそれがいったい何を示すのかわかりませんでした。頭が真っ白になりながらも少しずつ少しずつ状況を噛み砕き、どうにか理解しました。

 

ああ、そうか。私はそろそろアレについてあなたに解説しなければいけない時が来たのだなと。

 

read more »

2012/02/27

クレカも公共料金もポイントも全て家計簿クラウド「MoneyLook」に登録したときの爽快感!!

 

 

私の愛しいアップルパイへ

 

全ての情報がそこにあって、それ以外には何も無い

 

全ての情報が1箇所にまとまったときの快感というのは、とても言葉で表現しきれないものがあります。

 

その最たる例はお金に関する情報です。

 

read more »

2012/02/25

夢見るリアリストの日常(2/18-2/24)

 

1

 

私の愛しいアップルパイへ

 

あれからちょうど1週間が経ちました。

 

長いような短いような1週間。私が何を考え、何をしたのか。よろしい、お教えしましょう。

 

read more »

2012/02/25

4代目アロハニアン募集のお知らせ!

 

1

 

私の愛しいアップルパイへ

 

1つ提案があります。

 

水面に映った太陽が滑らかに水の中を泳ぐように、それは静かで力強くて頼もしくて優しさに満ち溢れた提案です。

 

read more »

2012/02/23

あなたの「推しブログ」を教えて下さいー『みんなのイチ推しブログ選手権』開催します! #oshi_blog

 

私の愛しいアップルパイへ

 

「アウッ!あなたのイチ推しブログを教えてネッ♪♪☆」

 

世の中には面白いことを考えるアシカが居るものです。

 

私が連載を担当させて頂いている愛すべきブログメディア「アシタノレシピ」で開催されたイベント「みんなのイチ推しブログ選手権 #oshi_blog」

 

なるほど、アップルパイよ。確かに私はあなたのイチ推しブログを(あなたが今見ているこの愛すべきブログ以外にもあるのなら)知りたいと欲するのです。

 

read more »

2012/02/22

私がライトニングトークの5分間で話したこと

 

1

 

私の愛しいアップルパイへ

 

先般ご報告しました通り、東京ライフハック研究会Vol.8でライトニングトークをやらせて頂きました。

 

2/19 東京ライフハック研究会Vol.8を開催致します! #tokyohack | 東京ライフハック研究会BLOG

 

今日はそこでお話した内容をあなたに向けてもう1度整理してみます。

 

read more »

2012/02/21

日記と日次レビューで毎日を愚直に積み重ねる

 

Diary

 

私の愛しいアップルパイへ

 

今日という日の最後に何を考え、何を思うべきか?

 

それは情熱のマグマを胸に抱え、毎日全力を尽くして生きていたいと願う私やあなたのような人間には、実に興味深い質問です。

 

read more »

2012/02/21

我、「東京ライフハック研究会Vol.8」に参加す!

 

 

私の愛しいアップルパイへ

 

今日は昨日とは世界が違って見えます。

 

理由は明確です。2/19(日)、東京ライフハック研究会Vol.8に参加してきたからです。

 

2/19 東京ライフハック研究会Vol.8を開催致します! #tokyohack | 東京ライフハック研究会BLOG

 

教えましょう。私が何を学び、何を思ったのか。

 

read more »